広告

アップル iOS15でロック画面などを一新

アップルは2021年6月7日に恒例のWWDC2021を開催します。
WWDC2021ではiOS15のロック画面などが一新され、さらにより複雑な操作モードの追加、システムのメインインタフェースの調整が行われるようです。

例えば現在の状況に基づいて通知設定を設定できるようになったり、任意のインタフェースと場所にプラグインを配置できるようになります。
またプラグインセットをアプリケーショングリッドに置き換えられるようになり、カスタマイズの度合いが大幅に向上します。

さらにヘルス関係のアプリに食品追跡機能が追加され、ユーザーが食べた食品を記録したり、栄養の詳細、カロリーの追跡機能が提供されるようになります。

iOS15ではこのように様々な機能が追加され、かなりカスタマイズできるようになるようです。