広告

MediaTek Dimensity900はSnapdragon768Gを凌駕

MediaTekの5G対応チップは、現在Dimensity1100とDimensity1200があります。
現在開発しているミドルレンジ向けのDimensity900は、Dimensity820の後継チップと思われます。
このチップのAnTuTuのベンチマークの結果、Snapdragon768Gが440,000に対して480,000を獲得しました。
前モデルのDimensity820は約440,000だったので、約10%程度パフォーマンスが向上していることになります。