広告

大手銀行がスマホでの送金を割安な手数料で実施

三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそな、埼玉りそなの5行は、スマホを使って割安な手数料で送金でるサービスを提供することを発表しました。
まず少額の送金を担う新会社を設立し、2022年1月にもシステムを構築は、2022年早期に専用アプリでのサービスを開始する予定です。
送金は、電話番号やメールアドレスなどを使って行い、上限を10万円程度に抑える予定です。

ただ既にネット銀行は、回数制限はあるものの手数料無料での送金を実現しており、今更こんなサービスを立ち上げる意味があるのか疑問です。
わざわざ専用アプリを使用して送金するという方法もどうなのでしょうか?

[ソース:nikkei]