広告

NVIDIA CPU市場に参入することを発表

GPUメーカーのNVIDIAは、CPU市場に参入することを発表しました。
アーキテクチャはARMの基本設計を利用し、2023年にアメリカと欧州のデータセンターCPU向けで、AIや自然言語処理などを対象としています。
NVIDIAは、ARMベースのCPUであるGraceを搭載したシステムは、x86 DGXTMと比較して10倍高速と主張しています。
既にこのCPUを搭載したスーパーコンピューターをスイスのCSCSとDOEのロスアラモス国立研究所が購入することを発表しました。

[ソース:NIVIDA]