広告

アップル 2020年Q4のスマートフォン出荷台数1位を獲得

調査会社のGartnerは、2020年Q4の世界のスマートフォン出荷台数の調査結果を発表しました。
2020年Q4は、前年同期比で売上が5.4%減少しました。
なお2020年通年では12.5%減少しました。
またアップルが前年同期比14.9%増で、サムスンを抜いて1位を確認しました。
Xiaomiも33.9%増、サムスンは-11.8%、そしてHuaweiは-41.1%と壊滅的な状況でした。

一方2020年通年では、サムスンが1位を死守しました。
それでも-14.6%と苦戦シていることがわかります。
なおXiaomiは、15.7%とHuaweiを猛追しています。
2021年はXiaomiがHuaweiを抜いて3位になるでしょう。

[ソース:gartner]