広告

アップル TSMCとマイクロOLEDディスプレイを開発中

アップルは次世代のディスプレイ技術であるマイクロOLEDディスプレイを開発しています。
このディスプレイは、ARデバイスへの使用を目指してTSMCと開発しています。
マイクロOLEDは半導体と同じようにウェア上に作成するのが特徴で、従来のディスプレイパネルようにガラス基板は使用しません。
現在は試作段階にあり、量産化までには数年かかる予定です。
なおマイクロOLEDの開発は、ソニーやBOE、サムスンなども実施しています。

[ソース:nikkei]