iPhone5sとiPhone5cの販売状況

BCNから、20、21、22日の3日間の結果が出ています。

ソフトバンクが首位で44.7%のシェア、ドコモが27.8%でauが27.5%

事前の予想通りでしょうか。少しドコモが低いかなと思いますが。

ソフトバンクは、順調に乗り換えが進んでいるようです。
auは、iPhone5の投売りが響いたのでしょうか?
ドコモは、今までまった人達はメールが使える10/1まで待ちの姿勢でしょうか?

9月決算で数字を稼ぎたいドコモとauは、何か仕掛けてくるのでしょうか。

iPhone5sとiPhone5cの比率は、 0.83:0.17です。
大部分の人が、iPhone5sを購入したことになります。

世界的には、iPhone5の1.8倍売れたようですが、日本では1.5倍となっており
少し下回っています。

Pocket

 

iPhone5sとiPhone5cの状況 2013/9/24

定点観測で、お昼にビックカメラを見てきました。

ソフトバンク
iPhone5c:全機種あり
iPhone5s:全機種あり

au
iPhone5c:全機種あり
iPhone5s:16Gのみなし
SHL22,SOL22,HTL22は、0円

docomo
iPhone5c: 全機種あり
iPhone5s:32G,64G のみなし
F-10Dは、1円

さすがに、 iPhone5sは在庫がなくなりだしました。
docomoとauで傾向が違うのが面白いです。

Pocket

 

iPhone5cとiPhone5sは壊れやすい?

海外のiPhone5cとiPhone5sの在庫状況を探していたのですが、
面白い記事がありました。

iPhone5cとiPhone5sはiPhone5より壊れやすい

簡単に言うと、iPhone5cとiPhone5sの耐久テストを実施しました。
理由は、新しいiPhoneがどの程度壊れやすいかを判断するためだそうです。

iPhone5は10段階評価で5だったけど、iPhone5sとiPhone5cは
それぞれ、5.56でした。Moto Xは4.5でした。

オチとしては、Galaxy S4は5つの端末の中で最悪の7でした。

数字が大きいほうが、より壊れやすいということです。
ただ、以前のAppleですと新しい製品のほうが耐久精度がアップしていたそうです。
今回は、ダウンしていると。

Pocket