シェア

調査会社のGartnerは、2020年Q4の世界のスマートフォン出荷台数の調査結果を発表しました。
2020年Q4は、前年同期比で売上が5.4%減少しました。
なお2020年通年では12.5%減少しました。
ま ...

シェア

調査会社のIDCは、2020年Q4の世界市場のスマートフォンシェアを発表しました。
それによると、1位はアップルで23.4%、2位はサムスンの19.1%でした。
Huaweiは前年同期比で-42.4%と大幅にシェアを落 ...

シェア

5G、ゲーム機器、クラウドの需要が急増していますが、最先端プロセスの5nmの製造能力の50%をアップルが使用していたようです。
2位はQualcomm、3位はサムスンでした。
5nmプロセスはTSMCが2020年Q1か ...

シェア

Conterpointの調査によると、日本のスマートフォン市場は2020年Q3にコロナ感染前のレベルまで回復していたことがわかりました。
ただし日本市場を牽引しているのは、比較的安価なiPhoneSEや中国系メーカーでした。 ...

シェア

調査会社のTrendForceが、2020年のスマートフォン市場が11%減少したことを発表しました。
シェアは、サムスンが1位、2位がアップル、3位がHuaweiでした。
Huaweiは、アメリカの規制により2021年 ...

シェア

毎年成長を続けていた格安スマホ市場ですが、初めてマイナス成長となるようです。
これはKDDIによるUQモバイルの統合、総務省の規制による値下げの影響です。
格安スマホは、ワイモバイルを除くと、UQが1位、楽天モバイルが ...

Xiaomi,シェア,まめ情報

調査会社のIDCが2020年Q3のスマートフォンの出荷台数を発表しました。
2020年Q3は、前年比で1.3%出荷台数が減少しました。
そのような状況で、Xiaomiは前年比で42%も出荷台数を増やしました。

シェア,ソニー

調査会社のStrategyAnalysisが2020年上期のスマートフォンのイメージセンサー市場について発表しました。
2020年上期は新型コロナウイルスの影響で、世界各国の経済が停滞する結果となります。
それでも前年 ...

Huawei,シェア

Huaweiは世界1位のスマートフォンメーカーになりましたが、2021年は大幅にシェアを落とす予定です。
変わってOppoが世界3位のスマートフォンメーカーに浮上すると予想されています。
1位はサムスン、2位はAppl ...

シェア

調査会社のIDCが2020年のスマートフォンの価格帯の予想を発表しました。
それによると、73%が400ドル未満になると予想しています。
これは新型コロナによる経済の低下により、スマートフォンの価格に対して下落圧力が増 ...

Huawei,シェア

調査会社のCanaysによると、2020年Q2の世界のスマートフォン市場で1位を確認しました。
Huaweiは、5580万台わ出荷しましたが前年比では5%減少しました。
一方サムスンは、5370万台を出荷しましたが前年 ...

シェア

調査会社のIDCは2020年のスマートフォン出荷台数が11.9%減少するとの予想を発表しました。
前半は18.2%減少しますが、後半は5Gの影響で若干回復すると予想ていますが、本格的な成長は2021年になると思われます。

シェア

調査会社のCanalysが2020年Q1のスマートフォンの出荷台数を発表しました。
1位はiPhone11で約1800万、2位がXiaomiのRedmi Note8/8Tで約800万台でした。
なおアップルはiPhon ...

シェア,中国

Counterpointsは2020年Q1の中国のスマートフォン市場が大幅な減少したことを発表しました。
2020年Q1は売上高は前年比で22%減少しました。
一方Huaweiはシェア39%まで拡大しました。

apple,シェア

No Image

調査会社のCIRPが2020年Q1のアメリカでのiPhoneシリーズのシェアを発表しました。
調査によるとiPhone11シリーズが総売上の66%占めました。
前年はiPhoneXRが最も売れましたが、iPhone11 ...