大手キャリア 値下げの影響は2,000億円

ドコモ、au、ソフトバンクは新料金プランを発表しましたが、その影響が3社で2,000億円の減収となるようです。
特に大きいのはドコモで、約1,000億円程度になります。
今後、大手キャリアは通信料ではなく、他のサービスから収入を稼ぐことをますます加速させていくでしょう。
既にauとソフトバンクは、じぶん銀行、PayPay銀行を傘下においており、ドコモはNTTに再度買収されました。
おそらく金融系の商品が加速度的に増えてくるではないでしょうか?

[ソース:nikkei]