Huawei 2021年のスマートフォン生産台数が半減

Huaweiはトランプ前大統領の時に、アメリカ政府からの制裁を受けました。
バイデン大統領もこの制裁を継続する様子のため、2021年のスマートフォン生産台数は2020年の半分の7,000万台から8,000万台にとどまるようです。
2020年は世界3位の出荷台数で約1億9000万台でした。
ただし今年も5G関係のチップの入手が不可能なので、4Gのハイエンドモデル中心の生産になると予想されています。
売却したHonorブランドは、新製品を発表したのでHonorブランドは復活する可能性もあります。
なおハイエンドブランドの売却も噂されています。

[ソース:nikkei]