2021年2月第1週イオンモバイルの状況

いよいよ2月に入りました。
例年は卒業シーズンということで、活発な販促活動が開始されるのですが今年は新料金プランによるユーザー獲得に力を入れているようです。

イオンモバイルも各キャリアの新料金プランのポップが大幅に増加してきました。
さらにモール内で臨時の売り場を設けて、ユーザーの獲得に努めているようです。
こうなるとイオンモバイルも苦しくなってくるのですが、MVNOのイオンモバイルは踏ん張れるでしょうか?

iPhone12シリーズは、イオンモバイルはしっかりと在庫を確保しているようです。
ただ大容量モデルはなかなか在庫を確保できていないようです。

イオンモバイルのユーザー獲得方法は、学割メインのようです。
一応ワイモバイルもポップもありましたが、目新しさはありませんでした。