池袋と新宿探検 2021/02/06 (番外編)

今年も2ヶ月目に入りましたが、相変わらず緊急事態宣言中のままです。
早く解除されるといいのですが…。

ヤマダ電機
最近はポップがiPhone12だけという状況が続いています。
近所の他のヤマダ電機にも行ってみたのですが、変わらない状況でしてた。
ヤマダ電機は郊外に大量出店を開始するということで、今後に期待したいです。

イオンモバイル
何故か今週はお客さんも少なく、店員さんも暇そうにしていました。
各キャリアがイオンモバイルの売り場ではなく、モール内のあちこちで臨時の売り場を開いていたのも影響しているのかもしれません。
大手キャリアの新料金プランも出揃ったので、各キャリアが宣伝に力を入れだしていました。

感想
今の所量販店に大きな動きはありませんが、各キャリアの新料金プランを前面に出して販促が少しずつ開始されたようです。
結局キャリア内のユーザーがプランを変更するだけで、大きなユーザーの移動はないように思えます。
MVNOから大手キャリアへの出戻りはあるかもしれませんが。

量販店内のキャリア売り場も、スマートフォンのポップよりも新料金プランのポップが大幅に増加してきました。
最早学割の勝負ではなく、新料金プランでの競争となっています。
そのためAndroidのポップはほぼない状態です。
2月はAndroidメーカーが新製品をぞくぞくと発表してくるので、3月頃には日本でも動きがあるかもしれません。
今年は5G対応のスマートフォンの普及が加速すると思われますが、安価なモデルでどこまで対応できるのか注目です。
そういう意味では、ソフトバンクのXiaomiの1円機種は他のキャリアに対して影響を与えるかもしれません。