サムスン Exyno2100は大幅に改善もSnapdragon888には及ばず

サムスンは最新版のハイエンドスマートフォンのGalaxy S21に、Exynos21000とSanpdragon888を採用しています。
このチップのベンチマーク結果を比較した結果、Exynos2100は全世代のExynos990と比較すると大幅に改善していることが判明しました。
一方で、まだSnapragon888には及ばないことも判明しました。
Exynos2100は、Snapdragon888よりも動作周波数が高いにも関わらず7%低い結果となっています。
またCortex-A78では、消費電力が52%も増加しておりワットあたりの効率が26%低下しています。