池袋と新宿探検 2021/01/30 (番外編)

1月の最後の週末です。
2021年最初の月でしたが、あまり盛り上がらずに終わりそうです。

ヤマダ電機
各キャリアの新料金プランが出揃ったところで、そろそろ宣伝のポップが目立ってきました。
これからは各社が新料金プランの宣伝に力を入れていくことになる反面、スマートフォンのポップは減少傾向になります。
ヤマダ電機でも目立つポップはiPhone12シリーズばかりです。

イオンモバイル
イオンモバイルは学割のポップが急増しており、これで大手キャリアの対して対抗するようです。
MVNOの中では立地とサポートの評価が高いので、生き残れるのではないでしょうか?
イオンモバイルはAndroidのSIMフリー版の販売にも力を入れています。

感想
最近は、どの量販店も目立つポップがiPhone12シリーズのみとなっています。
Androidも今年の新モデルが発表されて来ていますが、今は少し低迷しています。
どの量販店も大手キャリアが発表した新料金プランのポップが目立っていました。
2月も新料金プランによる顧客獲得競争に力が入れられると思われます。