アップル M1チップの効率性が証明

アップルが開発したM1チップは、非常にパフォーマンスが優れていることが知られていますが、効率も非常にいいことが判明しました。
例えば2020年のMacは2005年のPowerPC G4のIdel時の電力でMax動作できます。

MacMiniモデルIdel Power(W)MaxPower(W)Idel Theraml(BTU/H)Max Thermal(BTU/H)
2o2o,M173923133
2018,6core Corei72012268417
2014,2core Corei568520290
2006,Core Solo/Duo2311079376
2005,PowerPC F43285110290

[ソース:daringfireball]

appleapple

Posted by mobilego