アップル iPhone12シリーズの医療機器への影響について発表

アップルはiPhone12シリーズとMagsafeアクセサリーに関して、注意喚起を行っています。
それによると、iPhoneシリーズには電磁界を放出する磁石などが含まれています。
またMagSafeアクセサリーにも磁石が含まれており、これらの機器は医療機器に干渉する可能性があります。
iPhone12シリーズは、以前のモデルよりも多くの磁石が含まれていますが、以前のモデルよりも医療機器に対するリスクが高いとは予想されていません。
ただし埋め込み型ペースメーカーや除細動器などの医療機器に対しては、安全のためiPhoneなどの危機では15cm以上、ワイヤレス充電時は30cm以上離すように推奨しています。

[ソース:apple]