2021年1月第4週のMNP動向

1月4週目が終了しました。
1月もいよいよ残り1週間となります。
緊急事態宣言が発出されて2週目となりましたが、相変わらず人出はそれほど減っていないようです。

7日間の動向を見ると、日曜日に大きなピークとなった事がわかります。

30日で見ても、今週は680件とかなり多かったことが分かります。
多くの店舗が20時で閉店していましたが、特に大きな影響はなかったようです。

iPhone12はProシリーズが人気のようです。
ただなかなか潤沢な在庫を確保できていないようです。

iPhoneSEは大きな動きはありませんでした。
それでも売れているのは価格とスペックが上手くバランスが取れているからでしょう。

日本でも人気の出てきたOPPOは、相変わらず頑張っています。

Galaxy S21シリーズを発表したサムスンですが、あまり動きはないようです。
日本での売れ筋は、ハイエンドモデルから安価なモデルに移行しているためでしょう。

ランキングでは常にトップ10に入るAQUOS シリーズですが、ツイート数は少ない状態が続いています。


サムスンがGalaxy S21シリーズを発表しましたが、価格は少し下げてきました。
新型コロナが世界中で蔓延している中で、Galaxy S21シリーズがどの程度売れるのか気になるところです。
一方色々面白いスマートフォンを発売していたLG電子ですが、ついに撤退の噂が流れ出しました。
実際に事業構造改革など実施しているようなので、撤退の可能性は大きいでしょう。

日本では大手キャリアの料金プランに対して、MVNOが悲鳴を上げて総務省に陳情を開始しました。
今までの総務省の動きを見る限り、MVNOに期待しているようには見えないのですが…。
一応接続料金の値下げ等などを前倒しで実施してくるようですが、速度と品質と価格を考えるとMVNOは更に値下げしても相当厳しい状態に置かれるのは間違いないでしょう。
MVNOの数社に集約されるかもしれません。