MVNO 大手キャリアとの競争は不可能と報告

総務省の圧力で大手キャリアは値下げした料金プランを発表しましたが、格安料金を発表提供していたMVNOは、現状では大手キャリアと競争するのは不可能であると総務省に報告しました。
競争するためには、接続料金や卸料金の値下げを早急に実施するように要望しました。

現状の総務省の動きを見る限り、MVNOには期待していないように見えます。
ここから更にMVNOの料金が下がってもなかなか、MNPするユーザーは少ないのではないでしょうか?
独自プランやサービスで対抗していく必要があると思われます。

[ソース:総務省]