元ソフトバンク社員 転職時に5Gに関する情報を不正に持出し

ソフトバンクは元同社の社員が、転職時に不正に5Gに関する情報を持ち出し転職先の楽天モバイルに持ち込んだことを発表しました。
既に警視庁がフライ競争防止法違反の容疑で逮捕されています。
元社員は、楽天モバイルの業務用PC内にソフトバンクの営業秘密を保管しており、ソフトバンクは楽天モバイルがソフトバンクの影技用秘密を何らかの形で利用している可能性が高いと認識しています。

今後は楽天モバイルに対しても、ソフトバンクの営業秘密の利用停止と破棄等を目的として民事訴訟を提起する予定です。
なお、楽天モバイルは、現在のところソフトバンクの営業秘密を楽天モバイルの業務に利用したという事実は確認していないと発表しています。

なお不正にデータを持ち出した社員は、社外から自分のOCで会社のサーバーにアクセスし、フリーメールアドレスを経由して営業秘密を持ち出していました。
また2019年12月頃から複数回に渡って、同様の手法で営業秘密を取得してた形跡があるようです。

ソフトバンクは、以前にも同社の社員がロシアの外交官に営業秘密を渡していた問題が発覚しています
少しソフトバンクは営業秘密の管理が甘すぎるのではないでしょうか?
また楽天モバイルも、業務用のPCに他社のデータをダウンロードできるようにしているのも管理が甘すぎると思われます。

[ソース:softbank]