アップル 先端プロセス製造力の半分を使用

5G、ゲーム機器、クラウドの需要が急増していますが、最先端プロセスの5nmの製造能力の50%をアップルが使用していたようです。
2位はQualcomm、3位はサムスンでした。
5nmプロセスはTSMCが2020年Q1から、サムスンがその6から9ヶ月後から製造を開始しました。

一方7nmプロセスでは、スマートフォン関係、AI、GPU、CPUなどで使用されています。
最も使用されているのは、AMDとNvidiaによるゲームとAIチップなどです。

[ソース:counterpoint]