アップル iPhone14向けチップで3nmプロセスを使用

アップルは2021年に発売予定のiPhone14向けのAチップとMac/iPad向けのMチップの両方で、TSMCの3nmプロセスを使用するようです。
TSMCは2022年から3nmプロセスの大量生産を開始する予定ですが、既にアップルは契約を締結したようです。
サムスンも3nmプロセスを2022年から大量生産を開始する予定ですが、TSMCよりも6ヶ月程度遅れているようです。

 

[ソース:udn]