格安スマホ 2020年度は初のマイナス成長

毎年成長を続けていた格安スマホ市場ですが、初めてマイナス成長となるようです。
これはKDDIによるUQモバイルの統合、総務省の規制による値下げの影響です。
格安スマホは、ワイモバイルを除くと、UQが1位、楽天モバイルが2位、IIJが3位でした。

MVNO市場は2020年3月末の1,500万回線から、1,300万回線に減少すると予想されています。

 

[ソース:nikkei]