PayPay 大規模不正アクセスを発表

PayPayは2020年12月1日に、外部からの通報で管理サーバーに不正アクセスが1件あったことを発表しました。
アクセス日は2020年11月28日にブラジルから1件あり、2020年12月3日までに遮断措置を実施しました。
アクセスされた可能性のある情報は以下の通りです。

  • 加盟店の店名、住所、連絡先、代表者名、代表者生年月日、契約日、売上振込先、営業対応履歴
  • 加盟店営業先の店名、住所、連絡先、代表者名、営業対応履歴
  • 当社従業員の氏名、所属、役職、連絡先
  • 当社パートナー・代理店の社名、連絡先、担当者名、売上振込先
  • 加盟店向けアンケート回答者の氏名、電話番号、メールアドレス

なおアクセスされた可能性のある最大件数は、20,076,016件で、期間は2020年10月18日から2020年12月3日までです。

 

[ソース:paypay]