2020年12月第1週のMNP動向

いよいよ今年も残り1ヶ月を切りました。
コロナ感染者も増えている状況ですが、残りどのような状態になるのでしょうか。

 

7日間で見ると、一気に動きが出てきました。
image

 

30日で見ると、一気に600件を超えてきました。
流石に12月です。
image

 

iPhone12は70件程度とあまり活発には動いていません。
人気のiPhone12 Proシリーズの在庫が不足しているからでしょうか?
image

 

iPhoneSEはここに来て一気に動きが出てきましたね。
在庫も十分あるし、価格面でも有利だからでしょう。
image

 

iPhone11は相対的に魅力が無くなってきました。
もう少し価格が下がればいいのですが..。
image

 

動きがなかったOPPOは動きがでできました。
image

 

それに対してGalaxyはまったく動きなしです。
image

 

AQUOSも右肩下がりとなっています。
image

 

12月最初の週末でしたが、動きが出てきました。
年末にかけて販売に力が入るところですが、コロナ感染者数が増えているのが気になります。
あまり増えると外出する機会も減るので、販売に影響がでるのは間違いないでしょう。

ドコモは新しいプランahamoを発表しました。
当初はサブブランドで発表する予定だったのがミエミエのプランですが、期待したギガホ/ギガライトは12月中旬の発表です。
すぐに対抗プランを発表した日本通信はさすがですが、恐らく大部分のMVNOは消えていくでしょう。
対抗するには、家族割で縛るかもっと安い容量の少ないプランを提供するしかないのですが…。
ドコモがギカライトを値下げするとそれも厳しいでしょう。

どこかの大臣はMVNOにも利益があると言っていますが、はっきりと言って遅い、繋がりにくいMVNOの価値は安さだけでしょう。
その安さもキャリアとの価格差が数百円程度になってしまっては、ユーザーはMNPなどしないでしょう。

auとsoftbankは様子見のようですが、楽天モバイルはもう少しデータ容量を刻んだプランを発表するようです。
ただ楽天モバイルも来年の3月までに、エリアを広げないと危ないでしょうね。