Huawei Sanpdragon搭載のMate40/P50シリーズを発売へ

Huaweiはアメリカからの制裁により、kirinチップの製造やQualcommなどからのチップの入手が不可能となりました。
ソニーなどのいくつかの企業は、Huaweiに対する部品の販売に関するライセンスを取得しましたが、Qualcommもライセンスを取得したようです。
そのためMate40シリーズやP50シリーズは、QualcommのSnapdragonを搭載して販売する方向に進んでいるようです。
アメリカの大統領がトランプからバイデンへと代わるということで、中国とアメリカの貿易戦争も変化が訪れるかもしれません。
ただし別の報道では、バイデンに代わってもHuaweiに対する状況は維持されるとの予想もあります。

[ソース:mydirver]