アメリカ政府 Huaweiに部品の供給を続々と許可

Huaweiに対して、様々なちっぷなどを供給する歳にはアメリカの政府の許可が必要となります。
以前Intelがチップの供給を承認されたと伝えられましたが、続々承認を得られているようです。
サムスンディスプレイはOLEDパネル、ソニーとOmniVisionはCMOSイメージセンサーのライセンスを取得したようです。
さらにサムスン、Qualcomm、MediaTekを含む300以上の企業が、ライセンスを申請している状態です。

アメリカ政府がライセンスを許可するのは、5Gに関する製品、サポートが含まれていない場合に限られているようです。

 

[ソース:financail times]