総務省 携帯料金引き下げに向けたプランを発表

総務省は携帯料金引き下げに向けた、行動プランを発表しました。
大きな内容は3つあります。

  1. 分かりやすい、納得感のある料金プラン・サービスの実現
    • 通信料金・端末代金の完全分離
    • 頭金などの誤解を与える表記の是正
    • ポータルサイトの構築
    • 中古端末を含めた端末流通市場の活性化
  2. 事業者間の公正な競争の促進
    • データ接続料の低廉化(3年間で5割減)
    • 音声卸料金の低廉化
    • 周期数の有効利用の促進
    • インフラシェアリングの促進
  3. 事業者間の乗換の円滑化
    • 過度の期間拘束の禁止
    • MNPの利用環境の整備
    • キャリアメールの持ち運びの実現
    • SIMロック解除の促進
    • eSIMの促進
    • 固定と携帯のセット割引等の検証

そもそもキャリアに4割の値下げを要請しているのに、MVNOが更に値下げしてもユーザーはMNPするのでしょうか?
そもそもMVNOの魅力は料金が安いことですが、その代償に速度が遅いことが挙げられます。
これを理解していないとかえって混乱を招きそうです。

また固定回線とのセット割りを禁止する動きがありますが、禁止されると料金が上がることになるので家計にダメージを受けそうな気がします。

なお今までの総務省の規制強化の結果、キャリアの解約率は劇的に低下してしまいました。

[ソース:総務省]