総務省 MNP手数料無料化、24時間対応、メール転送サービスを要求へ

総務省は大手キャリアに対して、MNPの手数料無料化、24時間対応、メール転送サービスを要求することを検討しているようです。
特に今回MNP後もメールアドレスを使用できるようにするというのは、新しい要求になります。
要求理由は、MNPを行った場合にメールアドレスが使えなくなるため、MNPに二の足を踏む人が多いからということだそうです。

日経にはメール転送という言葉を使用していますが、恐らくMNP後もキャリアのメールアドレスを使用できるようにするということだと思います。
ただしその場合は、当然使用料金を請求させると思いますが。

そもそも最近はメールよりもLINEなどを使用している人が多いので、この要求は的外れのように思えます。

 

[ソース:nikkei]