ソニー スマートフォンのイメージセンサー市場でトップを維持

調査会社のStrategyAnalysisが2020年上期のスマートフォンのイメージセンサー市場について発表しました。
2020年上期は新型コロナウイルスの影響で、世界各国の経済が停滞する結果となります。
それでも前年比で15%の成長を達成しました。

ソニーは44%のシェアを獲得、2位はサムスンの32%でした。
ただしソニーはシェアを若干失ったようです。
今後も2MP/8MPなどので構成されるマルチカメラと、64MP/108MPの高画素センサーの相乗効果でさらに需要が高まると予想しています。
Fig_1._Smartphone_Image_Sensor_PR_H1_2020

 

[ソース:strategyAnalysis]