池袋と新宿探検 2020/09/05 (番外編)

いよいよ9月に入りました。
今年のiPhone12の発売は、10月になりそうなのです。
サブブランドからiPhoneSEも発売され、色々動きが出てきました。

 

ヤマダ電機
ようやくサブブランドもiPhoneSEのポップを出していました。
それに伴い、キャリアもポップを変更していましたが、基本的に3Gからの変更に対して一括0円にするというものでした。
Android系のポップも増えていましたが、どちらかと言えばUQやワイモバイルの方が動きが活発なようです。
キャリアは総じて静かな状態でした。

 

イオンモバイル
9月に入って一気にポップが増えました。
特にauはほぼ旧モデルを一括1円などのポップを出していたました。
10月の目玉はiPhone12になるでしょうが、Androidのミドルレンジのスマートフォンの方が注目度は高いかもしれません。

 

感想
9月に入り、ポップなどの入れ替えが開始されていました。
iPhoneSEはサブブランドからも発売され、それらのポップも増えていました。
今年はiPhone12の発売日が10月と予想されているため、例年よりも動きが遅いようです。

一方Android勢は、一気にミドルレンジに5Gスマートフォンを投入してくると思います。
キャリアとしても、5Gを普及されたいので相当力を入れてくると思います。
ただ5Gだからと言って、高額なモデルは売れないので30,000円から40,000円台のスマートフォンの発売が待たれます。
すでにサムスンもこの価格帯の5Gスマートフォンを発表しており、日本でも投入してくるでしょう。