2020年8月第3週のMNP動向

非常に暑いお盆休みが終了しました。
今年は近場で過ごす人が多かったようです。

7日間で見ると、先週並の状態でした。
流石にお盆休みだけのことはあります。
image

 

30日で見てもほぼ先週と同じ位でした。
この水準を2週続けて維持できたのは非常に珍しいことです。
image

 

iPhoneSEの人気が落ち着いてきたのか、先週を2割ほど下回る水準でした。
image

 

iPhone11も先週を下回ってしまいました。
そろそろiPhone12の発売の噂も聞こえてきているので、購入したいユーザはiPhone12を待っているのかもしれません。
image

 

サブブランドを中心に販売しているiPhone7も、流石に息切れ感が否めません。
次にサブブランドが取り扱うiPhoneはどのモデルになるのでしょうか?
image

 

GalaxyはA20からGalaxy A41への移行が進んでいるようです。
たたし流石にまだ一括1円では販売していません。
image

 

XperiaはなせがソフトバンクがXZのたたき売りをしています。
ただ中心は20,000円台で販売されているXperia 8です。
image

 

今週一番勢いがあったのはOPPOでした。
OPPO A5 2020が一括550円などという価格も登場しています。
ただアメリカ政府の制裁の可能性が高くなっているので、今後の動きに注意が必要です。
image

 

今週はお盆休みということで、先週に引き続きツイート数が多かった週末でした。
最近はiPhoneよりもAndroidのツイートが多くなっています。
これはiPhoneの販売価格が高いのに対して、Androidはそれなりのスペックで格安のスマートフォンが手に入るからでしょう。
今後もこの流れは続くと思われます。
5Gのミドルレンジスマートフォンが一気に発売されれば、もっとAndroidの販売にキャリアは力を入れてくるのではないでしょうか?

一方気になるのは、アメリカ政府の中国に対する制裁です。
中国のスマートフォンメーカーが軒並み制裁を受けると、恐らく日本のキャリアは取り扱いを中止して来るでしょう。
その場合は、サムスンのGalaxyシリーズか、AQUOS、Xperiaのミドルレンジのスマートフォンが売れてきそうです。