ソニー 2020年度決算を発表 Xperiaの販売台数が下げ止まり

ソニーが2020年度Q1の決算を発表しました。
ここ数年は毎期販売台数の下方修正をハッピ繰り返していましたが、どうやら今年は下げ止まったようです。
Q1は80万台のスマートフォンを出荷しました。
これは前年同期比で-10万台の減少にとどまっています。
決算発表でもオペレーション費用の大幅な改善があったということで、もしかすると利益が出る可能性が出てきました。
ただし新型コロナウイルスの影響が、どのように影響しているのか気になるところです。
image