スポンサーリンク

スポンサーリンク

Huawei 2020年Q2のスマートフォン市場シェア1位を獲得

調査会社のCanaysによると、2020年Q2の世界のスマートフォン市場で1位を確認しました。
Huaweiは、5580万台わ出荷しましたが前年比では5%減少しました。
一方サムスンは、5370万台を出荷しましたが前年比で30%減少しました。
これは新型コロナウイルスの影響で、サムスンは欧州、アメリカなどの市場で出荷台数が大幅に減少しました。
一方で、Huaweiは中国でのシェアが高いため、この影響をあま受けなかったことが原因です。

C0yVpS2UPEdr5nQ1tlVc1s830QLh3Rp5 
2029481619Additional data points_Huawei

[ソース:canalys]