スポンサーリンク

スポンサーリンク

WhatAppとTelegramは香港当局にユーザーデータを提供しなことを表明

中国政府は、香港に対して国家安全維持法を施行しました。
これに伴い、WhatAppとTelegramは、現時点では少なくともユーザーデータを香港当局に提供しないことを発表しました。
香港市民は、投稿したメッセージなどが中国政府に提供され逮捕や投獄の理由として使われることを恐れていました。
現在人権専門家と協議しており、この法律の影響をさらに詳細に精査しているとのことです。
そのためこれらのアプリが香港での使用を禁止される可能性もあります。

 

[ソース:WSJ]