スポンサーリンク

スポンサーリンク

Apple iPhone12の出荷台数を半分に削減

Appleは今年発売予定のiPhone12の出荷台数を、例年の半分の1500万から2000万台に削減しているようです。
このためサプライヤー間の競争が激化しており、さらにアップルはコスト低減のため中国企業の参入を増やしているようです。
このため従来Appeの組み立てを担ってきた台湾企業は驚異にさらされています。

[ソース:imore]