アップル WWDCでARM版MACを発表へ

現在アップルはIntel製のチップを搭載したMACを販売していますが、Intelはしばしばチップの計画を遅らせます。
また供給能力も逼迫しています。
そのためアップルはIntel製から自社開発のARM製のチップへの移行を検討していると噂されてきました。
これにより、パフォーマンスやバッテリー効率の改善、コスト削減、スケジュールを自社でコントロールできるというメリットが生じます。
アップルは今年のWWDCで、いよいよARM製のチップを搭載したMACを発表するようです。
ただし実際の製品の発売は、来年になるようです。

[ソース:bloomberg]