Huawei アメリカの制裁の影響で部品の大部分からアメリカ製は排除

Huaweiは昨年からアメリカの制裁の影響で、アメリカの技術を使用した製品の一部の調達が不可能となりました。
これに対して、Huaweiは大部分のチップをアメリカ以外から調達することで対応していることが判明しました。
Huawei Mate30の部品を調査した結果、Mate30ではアメリカ企業の部品は1%まで減少していました。
一方中国製が16.5%も増加しています。

huawei_mate30

 

なおMate30のコストでは、OLEDがサムスン製、カメラはソニー製、DRAMが韓国製でした。
今後規制が強化された場合、OLEDはBOEから調達できるかもしれませんが、DRAMとカメラは中国で調達するのは難しいかもしれません。
huawei_mate30_2

[ソース:nikkei]