スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップル iPhoneメールアプリに重大なセキュリティホール

アップルのiOSに重大な結果が発覚しました。
この脆弱性はメールアプリにあり、細工されたメールをターゲットのメールボックス送信することで発生します。
このメールでデバイスをクラッシュさせることで、保存されているデータの一部にアクセスができるようになります。
なおこの欠陥はiOS6以降から存在し、ユーザーがメールを開かなくとも実行することが可能です。
実際にこのセキュリティホールを使用した形跡があり、アップルはiOS13.4.5 betaにパッチを含めました。

 

[ソース:theverge]