スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップル 2019年はタブレットプロセッサー市場を支配

調査会社のStrategy Analysicsは、2019年のタブレットのプロセッサー市場の調査結果を発表しました。
アップルはiPadの優位性を生かして、44%のシェアを獲得しました。
2位はQualcomm、3位はIntelでした。
QualcommはAndroidで、IntelはWindowsタブレットでシェアを獲得しています。

StrategyAnalytics

[ソース:strategy]