スプリントとTモバイルの合併ほ裁判所が承認

ニューヨークの連邦地裁が、Tモバイルとスプリントの合併を承認する判決を下しました。
すでに司法省とFCCの承認を得ていましたが、アメリカの各州が差止め訴訟を行っています。
合併が承認された場合、ソフトバンクグループの連結債務かせ外れることになります。
ただしスプリントは、収益も改善しておりソフトバンクグループ全体の営業利益の10%を占めています。

[ソース:nikkei]