スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマートスピーカ市場でGoogleが敗北

調査会社のCanalysが、2019年Q3のスマートスピーカ市場の調査結果を発表しました。
1位はAmazonのAlexaで36.6%のシェアを確保しましたが、成長率が65.9%と急成長しています。
2位は中国のAlibabaで13.6%、3位は中国のBaidu、4位はGoogleでした。
Googleのみが成長率が-40.1%と急減速しており、前年同期比の29.8%から12.3%へとシェアを失っています。

ss_pr20191112_v1

 

スマートディスプレイでもGoolgeの苦戦が目立ちます。
Amazonは2.3M台出荷しましたが、Googleは0.7M台とおよそ1/3の出荷にとどまりました。

canalys_q3_2019_smart_displays_1

[ソース:canalys]