スポンサーリンク

スポンサーリンク

サムスン 2019年Q2のスマートフォンシェアトップを維持

調査会社のGartnerは2019年Q2のスマートフォンのシェアを発表しました。
アメリカの制裁にも関わらず、Huaweiは前年同期比の13.3%から15.8%へシェアを拡大しました。
トップのサムスンは、19.3%から20.4%へと1%程度拡大しました。

一方Appleは11.9%から10.5%へとシェアを失いました。
また出荷台数は、3億6790万台と前年同期比よりも約650万台減少しました。

image

[ソース:gartner]