スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本の対韓制裁でアップルが調達先の変更を検討

日本が開始した対韓制裁の影響で、サムスンやLGなどが打撃を受けることが予想されています。
特にフラッシュメモリやOLEDは影響が大きく、サムスンなどから部品を調達しているアップルも対応に動きだしたようです。
まずサムスンがシェアの90%以上を占める中小型のOLEDの調達先に、中国のBOEを追加することを検討しているようです。

BOEは2019年、2020年と立て続けにFabの商業生産を開始すると言われており、さらにOLEDパネルの生産に注力する予定です。

[ソース:digitimes]