スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドコモ さらなる値下げを検討

総務省の規制案が発表されましたが、それを受けてドコモはさらに値下げの検討を開始しました。
違約金が値下げされることから、今まで違約金をCBとして投入していた費用を値下げに回すことで対応するようです。

新たに参入する楽天が夏頃に料金プランを発表する予定で、これに対抗して料金プランを再度変更するようです。

またシャープは高額な価格帯のスマートフォンに加えて、3万円台の価格帯のスマートフォンの種類を増やす予定です。

 

[ソース:nikkei]