スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年6月第3週のMNP動向

6月3週目に入り、ようやく安定してきました。
予想どおり、スマートフォン販売ランキングも激変しており、特にドコモのランキングは激変しました。

 

7日間で見ると、先週よりも低迷してしまいました。
また久しぶりに土曜日がピークとなりました。
image

 

30日でみても、先週よりもツイート数が少なくなっています。
image

 

iPhone8も完全に勢いが無くなってきました。
特にドコモのiPhone8はトップ3のランキングから一気に圏外と脱落してしまいました。
image

 

iPhoneXRは相変わらず低迷しています。
高額な端末のためなかなか売れない上に、キャリアのCBも増額されていません。
image

 

iPhone6sは毎週末、ほぼ同じレベルを維持しています。
最近はサブブランドの方が力が入っているようです。
image

 

iPhone7はなかなかツイート数が増えません。
image

 

Huaweiは今週少し増加してきました。
HuaweiのnovaやP20シリーズに各携帯ショップが力を入れているようです。
image

 

ドコモがスマートフォンの実質負担額を実質増額しました。
その影響はスマートフォンの販売ランキングに顕著に出ています。
このままドコモは現状の販売方法を維持するのでしょうか?

Huaweiの制裁以来、取扱の店舗も減少しました。
ただHuawei P30 liteのランキングは徐々に上昇してきています。
コストパフォーマンは一番いいからでしょう。
サブブランドはP20 liteの在庫処分を加速させているようです。
最近は特にサブブランドのCBが目立ってきました。
当面サブブランドがスマートフォンの販売の主力となりそうです。