スポンサーリンク

スポンサーリンク

Huawei 独自OSを搭載したスマートフォンを100万台出荷

Huaweiはアメリカからの制裁のため、GoogleからAndroidのサポートが受けられなくなっています。
そのためHuaweiは独自のOSであるHongMengを開発していると言われていました。
今回Huaweiは、HongMengを搭載したテスト用のスマートフォンを100万台出荷したようです。
このOSは完全にAndroidアプリと互換性があり、さらに個人データ保護のセキュリティも強化されているようです。

またこのOSは来年の春頃には利用できるとコメントしています、
すでにHongMengの商標登録が、世界各国で行われています。

 

[ソース:chinadaily]