スポンサーリンク

スポンサーリンク

米国入国でSNSの情報の提出を義務化

米国政府は米国に入国するためのビザ申請をする際に、ソーシャルメディアのアカウント名などの提出を義務付けた。
具体的には過去5年間に使用したすべての電子メールアドレス、電話番号、ソーシャルメディアのユーザー名です。
従来はこれらの情報は要注意人物と認定された人だけに必要とされていました。

 

[ソース:apnews]