スポンサーリンク

スポンサーリンク

Huawei 5GモデムをAppleに供給可能

Appleは5Gモデムの調達に苦戦している言われています。
5Gモデムは、サムスン、Qualcomm、Huawei、MediaTekが開発していますが、Qualcommとは特許訴訟を抱えているため調達が難しくなっています。
サムスンから調達した場合、既にOLEDを調達していることからさらにサムスンへの依存が高まることになります。
MediaTekはアップルの基準を満たしていないと言われています。
現在モデムチップを調達しているIntelは、まだ5Gモデムは2020年に出荷すると発表しています。

そのためアップルは自社開発を開始していると言われていますが、Huaweiはアップルに対して5Gモデムを供給することが可能とコメントしています。
Huaweiは自社開発のチップは外販をしないことで有名ですが、アップルは例外扱いするようです。
ただしアップルはHuaweiからモデムチップを調達することは、難しいでしょう。
結局、アップルは5Gモデムの調達が、Android勢よりも1年以上遅れる可能性があります。

 

[ソース:engadget]