スポンサーリンク

スポンサーリンク

池袋と新宿探検 2019/04/06

いよいよ新年度に入りました。
そして例年どおり、量販店でも一気にポップがなくなり、販売価格も上昇していました。

LABI1日本総本店
ポップは減っているのですが、なぜかドコモの契約カウンターは混雑していました。
ドコモは一部の端末に対して実施していた端末購入サポート適用を止めましたが、売れ筋の機種について引き続き適用を継続していることが影響しているのかもしれません。

逆にソフトバンクの契約カウンターはガラガラでした。
またヤマダ電機のMVNOカウンターも比較的混雑していました。

ソフトバンク:6人
au:12人
docomo:16人
でした。

 

ビックカメラ池袋店
こちらもドコモ、auは混雑していましたが、ソフトバンクはそこまで混雑していませんでした。
BIC SIMのカウンターが混雑していたのは、新規契約の人達なのでしょうか?
この店舗もポップの内容が大きく変更されており、CBは大幅に減額されていました。

ソフトバンク:3人
au:6人
docomo:5人
でした。

 

感想
4月に入り、例年どおりCBなどのが大幅に削減されていました。
またポップの数も減っており、こちらも例年どおりのようです。

例年では、5月の夏モデル発表までは特に動きがなく、1年で一番低迷する月になります。
学割キャンペーンが終了した後には、9月のiPhoneの発売とAndroidの夏モデルに向けて動きが出てきます。

ただし今年はドコモが総務省の規制を先取りして、大幅に通信料金を値下げしてくると宣言しています。
その影響でdocmo withも終了する予定です。
ドコモがどのタイミングで、新料金プランを発表してくるかが重要になります。
決算発表か夏モデルの発表のタイミングで動いてくるのではないでしょうか?