スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップル 2020年iPhoneは小型化と大型化を実施

アップルは2020年のiPhoneでは、小型化と大型化を同時に実施します。
2019年のiPhoneは、2018年のiPhoneと同じく、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3つのモデルの販売が予定されています。
2020年のiPhoneは、5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの3つのモデルですべてがOLEDになります。

現在の5.8インチから6.5インチのサイズは、それぞれのサイズが近すぎるため、そのサイズの幅を広げることで、より多くのユーザーの獲得を目指すようです。

[ソース:digitimes]